柴犬02

引用元: 「【ずっと】ペットにまつわる不思議な話6【一緒だよ】」より
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1226555961/
973: 本当にあった怖い名無し 2009/05/20(水) 14:08:10 ID:4/Pz/1BE0
昔の話だが、近所に、ダンナさんに先立たれて
独り暮らしの婆ちゃんが居た。室内で柴犬を飼っていた。
嫁いだ娘さんや孫たちが、しょっ中様子見に来ていたから
そう寂しくは無かったとは思うが、
ちょい心臓を患っていて、親族には心配の種だったようだ。

ある日、婆ちゃんの柴犬が、窓ガラスに体当たりして
血塗れで道に走り出し、偉い勢いで吠えつつ
近所中を駆け巡ったそうだ。
近所の人は驚き、婆ちゃんに何か?と思って駆け付けてみると
案の定,婆ちゃん心臓発作起こして、台所で苦しみ悶えていた。
即救急車。入院。手術。
その間、当時まだ若かった俺の爺ちゃんが柴犬を預かっていた関係で
この話は何度も聞かされたのだ。

婆ちゃん目出たく退院し、数年。柴犬もすっかり年を取ったある日
婆ちゃんちの雨戸が、昼になっても開かない事を心配して
隣家のおばさんが、婆ちゃんの娘さんに連絡。
娘さんが駆けつけ、俺の爺ちゃんら、近所の人も一緒に家に入ってみると
婆ちゃんは寝床で既に冷たくなっていた。
苦しんだ痕は無く、死に顔は安らかだったと言う。
眠ってる間に心臓が止まってしまったのだろう、との事だった。
枕元では、柴犬が、婆ちゃんに顔を寄せて冷たくなっていた。

愛犬が主人と共に逝く話は,割と良く聞くが、
あいつらは自分の死をコントロールできるのか?
柴犬は年老いていたが、大事にされていて栄養状態も良かったから
まだまだ元気だったはずだと、俺の爺ちゃんは言っていた。
それが、人間みたいに首吊ったりとかではなく
蝋燭の火を吹き消すように、自分の命を終える事ができるのか?
それが、なんとも不思議だな。

976: 本当にあった怖い名無し 2009/05/20(水) 16:46:02 ID:3naZZ3Cg0
>>973
何か目からへんな汁が出てきた・・・

977: 本当にあった怖い名無し 2009/05/20(水) 17:24:57 ID:s1RgeFjk0
>>973
俺も目汁
大切なものを見届けて安心して大往生するのって
人間ばかりじゃないんだな

982: 本当にあった怖い名無し 2009/05/21(木) 08:27:45 ID:M7UZa0Ch0
>>973
パ、パトラッシュ…(つд;*)

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
1: なごみたい名無しさん 2015/02/02 00:37
(´;ω;`)
猫派だけどわんこGJ
ばーちゃんと幸せになれよ