ぬこ15

引用元: 「△▲▲猫だけにみえるもの・12▲▲△」より
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1119700021/
812: 本当にあった怖い名無し 2005/08/12(金) 11:53:45 ID:MIGYXk9T0
猫にまつわる不思議な話を書き込んでもいいのかな?

昔、「ねこ」という名の雄猫を飼っていた。お人よしで気前のいい猫だった。
自分の餌を迷い猫のメス猫におごっていたくらい。しかも先に食べさしている。
しかも、家の中まで案内して特等席を譲っていた。
その迷い猫を「すず」と名付けた。
彼女は、気位が高く贅沢で、人間でいえば、貢がせるだけ貢がせてヤラセナイタイプの癖にそうとう偉そうな態度の猫だった。
最終的には彼女も我が家に住み始めることになるが、
今回は「ねこ」が死んだ時の話。
「ねこ」はどうやら病死だったとおもうが、寸前になるまで病気だとは判らなかった。
我が家は自営(飯屋みたいなもん)なので手が離せず、仕事が一段落したら病院につれていくつもりだったが、
気になって仕方なかった。「ねこ」に、あとで病院つれていってあげるからそれまで頑張るんだよ、といい聞かせた。
「ねこ」はニャーと言った。「すず」に何かあったら呼ぶんだよと言って働いていた。
「すず」は「ねこ」のそばについていてくれたようだ。
普段、飲食業なので、絶対仕事場には入らないように「すず」にも躾けていたが、
その時だけは戸口まできて、ニャーと私を呼んだ。
「ねこ」が死んだのだ。
私は泣きながら、この先五年の命日は必ず君の事を思い出すよ、と弔った。
 続く

813: 812 2005/08/12(金) 12:10:04 ID:MIGYXk9T0
「すず」はその後半年だけ我が家に住んでいたが、
ある日、私にわざとけんかを仕掛け、喧嘩してあげく、
家出し、それっきり彼女は帰ってこなかった。
だいぶ探したが、もとの飼い主の家に戻ったのだろうと思った。

その後、4年はちゃんと思い出し、自分なりに弔っていたが、
5年目、実は忘れていた。色々バタバタしていたせいかもしれないが、
すっかり忘れていた。
夕飯を食べ終えて、くつろいでいると、妹が
「姉ちゃん、また猫飼ってるの?姉ちゃんの部屋が猫臭いよ。」
「そんなはずはない、もう猫はいないのだから。」
しかし、妹と部屋へいくと、確かに猫臭い。窓開けても匂いは消えない。
夕飯食べるまで、自室にいて、その時はそんな匂いなかったのに。
猫臭いというより、猫の餌の匂いだった。でも猫の餌などもう家にはない。
そこで、やっと私はその日が「ねこ」の命日というのを思い出したのだ。
慌てて、カリカリを買って来て、線香をあげた。
すると10分くらいで猫の餌の匂いが消えていった。
今度は猫の餌があるのに。
 もう一回つづく


814: 812 2005/08/12(金) 12:27:42 ID:MIGYXk9T0
それから数年後、
私は嫁いだ。マンションなのでもう猫は飼えない。
嫁いでしばらくして、私は夢をみた。「すず」の夢だ。
「すず」を先頭に、そのあとから「ねこ」、そして見知らぬ芝犬と汚いマルチーズを引き連れて、
マンションの部屋へやってくる夢だ。
私は、ここは猫飼えないのにどうしょう、秘密で飼おうか、と思っていたら「すず」が、
「大丈夫、ちょっと遊びに来ただけだから。すぐ出て行くよ。」
「それならいいけど、ねこは判るけど、その犬達は?」
「友達。(マルチーズを指差し)これは餌。」
「は?」
「じゃいくね、さ、ねこ、行くよ!」
そんな会話してだだだーっと去っていった。「ねこ」だけは振り返ってニャーと言った。

のちに、とある占い師とこの話をしていたら、
「すず」はその日、亡くなったのだろうと言われた。
犬は「すず」と一緒に飼われていた犬で、マルチーズは、「すず」に餌を横取りされていたのだろうと。

長い文ですまん。他にも不思議な話あるけどこれくらいで。

815: 本当にあった怖い名無し 2005/08/12(金) 12:52:41 ID:ta6eLDqH0
>>812
また気がむいたら他の話もおながい

816: 本当にあった怖い名無し 2005/08/12(金) 13:22:45 ID:PyWMfr6A0
>これは餌。
爆笑したw

817: 812 2005/08/12(金) 13:37:05 ID:MIGYXk9T0
もう少し、時間があるので、もう一つ投下。
「ねこ」はもともと、家業の玄関に捨てられた猫だった。
仕事場の構造上、わざわざ敷地に入ってきて置いて行った感じでもあった。
つまり、うちで飼えと見知らぬ人から押し付けられた状態だった。
拾った日、今から考えると生後2、3週間というとこかもしれない。
拾った日は1989年11月17日。何故覚えているのかというと、
その2週間前が、母の葬式だったから。
母が亡くなって、父は人が変わったように鬱状態で、家業もストップしていた。
今にしてみれば、その様子を見かねて、猫を持ってきたのかもしれない。
飼えといっても、飲食業をしているだけに、たぶん断ったであろうが、
家の前に置いてあったのなら仕方ないと、飼うことに決定したわけだ。
おかげで、父の回復は早かった。
で、「ねこ」が死んだのはその八年後、1997年11月17日だ。
拾った日と同じというのが妙な話だ。
父は「ねこ」はオスだが、亡き母の生まれ変わりかもしれないと言っていた。
おかしなことをいうとは思ったが、母が亡くなったのは10月29日。
ちょうど「ねこ」が生まれたかもしれない日ではある。
そして、「ねこ」が死んだあとまもなく、父は内縁の妻が(再婚みたいなもん)できた。

ほかにもあるけど、私のまわりの猫たちは、妙に人間の命日と符号する。
その例をまた今度書く。

818: 本当にあった怖い名無し 2005/08/12(金) 15:30:47 ID:bUY3tsRgO
>>814「これは餌。」って(^ヮ^)

では、ウチの近所の飼い猫で、一昨年亡くなった三毛猫さんの話をしましょうか。
大抵の近所の猫さんたちとは挨拶を交わしたりしているのですが、特にこの三毛猫さんは私が「おはよう~(^0^)/」と言うと、「ニャッ」と挨拶してくれる、なかなかイイ猫さん。
なんと彼女は私より1才年上(享年27才)という高齢。猫又になってもおかしくないくらい(^_^;)
年をとって耳が遠くなってしまっても、気配で判るのか、母が近寄っても反応がないのに対し、私が近寄ると必ず顔をあげて、口パクで「ニャッ」っと挨拶(飼い主さんは驚いていたw)。
ある日、私が庭先で爪を切っていると、猫さんがやってきました。
私の正面にきちんと座り、私の顔を見上げる猫さん。
私「どした?」
三毛「ウニャニャ~。ウニャニャ~、ニャニャニャ~ン」
猫さんは30秒程、長々と鳴き、私は∑( ̄〇 ̄;)とした顔をしていると猫さんは。
三毛「ウニャッ」
と一言残して家に帰って行った。現場(?)で洗濯物を干していた母も「ずいぶん長々と喋っていったね」言うくらい長い喋り(鳴き?)。
その後しばらくして、飼い主さんは猫さんが亡くなったという話をしてくれ、母は「挨拶に来たんだよ、自分の死ぬ時がわかってたんだね」と。

…やはり、猫又になってたのかなぁ…(^_^;)

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)