引用元: 「山にまつわる怖い話」より
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/963489081/(ログ速さんへ)
167: あなたのうしろに名無しさんが・・・
和歌山の山間部での伝承でしょうか、ネズミのてんぷらを作って河原で待ってい
ると狸狐が人間
に化けてそれをねだるそうです。(ねだるというよりは非常にほしがるそうで
す)
そこで「ほしければやるけど金を持って来い」というとしばらくして金を持って
くるそうです。
ただし最初は木の葉で作ったお金なのですぐにばれてしまいます。
「本当の金を持って来い!」などとやり取りが数回あるうちに最後は本当のお金
をもってくる
そうです。ただしこのやり取りの間は何故か非常に眠くなりうっかり寝込むと
「ネズてん」を持って
いかれてしまうそうです。
山本素石さんはこれを友人と二人で実験したそうですが、どうやら眠ってしまい
「ネズてん」は
取られてしまったそうです。

169: あなたのうしろに名無しさんが・・・
山本素石って誰と思ってぐぐってみたら、ノータリンクラブ会長、天理教滋京分教会長
日本渓流釣連盟理事、そんで(財)日本随筆協会会員で、随筆家らしい・・
ほんで、ツチノコを有名にした人だって。
それにしても、何がかなしゅうてネズミのてんぷらを作るかな?
で、「ネズてん」っていうのはなんなんでしょう!?

175: あなたのうしろに名無しさんが・・・
>ネズミの天麩羅
キツネの大好物と言われてたものだから。
性悪狐を罠にかけるためにこれを利用したという明治期の童話があるぞ。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
1: なごみたい名無しさん 2015/05/13 12:58
なにって言われてもそういう伝承だしなあ

2: なごみたい名無しさん 2015/05/14 01:49
狐がお稲荷さん(油揚げ)を好む由来になった話だね

3: なごみたい名無しさん 2015/05/14 04:54
ネズ天が転じて油揚げになったのか

4: ハッサン竹澤 2016/06/08 15:25
わしゃ破産して山奥に逃げた時にネズ天作って食うとったのじゃwゲッハッハ( ̄∇ ̄)