稲荷02

引用元: 「九尾・狐・稲荷神社PART3」より
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1240043284/
640: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 17:39:20
稲荷の赤い鳥居って何の意味があるの?
たくさんある上にやたら低いから頭をぶつけそうで怖いんだけど・・・・・

641: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 17:51:44
低い鳥居は頭をさげ気味に慎みながらお参りするためかと。
茶室の躙口の考えに似た感じ。

642: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 17:54:24
悪しき憑物は神社の鳥居から中の神域(境内)には入れません。
鳥居の結界で先ず祓われます。
鳥居を潜って、もしカラダがふっと軽く成った。気分がスッキリしたと感じたら神様の結界で俗世の悪しきモノが祓われたモノとおもひます。
日中参拝なら境内/神域にはプラス(陽)の気が満ちて居るので、体内パワー(気/オーラ)が減少=気枯れしていれば補充(充電?)も可能です。
また、太陽(日の大御神さま)に向かって拝礼(日拝)すると依りパワーアップ可能です。(御神気+太陽パワー)
参拝のさいは、お急ぎ出なければ、ゆっくり境内(神域)にお留まって御神気を分けて頂きましょう。(少なくとも小一時間程度は・・・)

643: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 18:03:42
神社の鳥居の前では正中を避けて、一旦立ち止まり、威儀を正して一礼(45度/揖の礼)をしてから鳥居を潜り抜けましょう。
厳格には一拝して『鳥居の祝詞』を唱えて・・・となりますが

644: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 18:15:30
難しいですねえ

他にお賽銭を入れた後にも変わったお辞儀の仕方とかもあるの?

645: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 18:51:57
テキトーにやっときゃいいんだよ!!

646: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 20:08:04
>>645

畏敬の念があればテキトーにやってもなぜか理にかなうんですが、
俗人にはそれは難しいのです。

そこで礼法がでてくるわけなんですよ。まあ一般的なヤツで必要にして十分なんですが。
でも礼法も畏敬の念が第一に大事なわけで・・・この辺が基本にして奥義。難しいところです。
神道は難しい。日本人なら生活のなかで身につくはずなんだがなー。

657: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/22(金) 12:57:48
>>647
>神唯。霊幸倍坐せ
こどももよんでんだからふりがなつけてよ。なにいってんだかわかんないw

648: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 21:42:24
大本?本庁式ではないな

649: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/21(木) 22:42:12
手元にある古い版の大祓全集の礼法です。(昭和12年初版平成19年重版)
多少アレンジも有ります。

奉幣式。神拝之次第。略神拝次第。俗神拝次第など有ります。

730: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2009/05/30(土) 04:42:01
>>648
出口王仁三郎がまだ上田喜三郎だったころ、
神意によって運命の人を探しに旅に出た。
そして、出口なおに出合う。
そのころの王仁三郎は稲荷講社の傘下で修行していた。

自分も「神唯。霊幸倍坐せ」が読めない・・・ by 管理人

1: なごみたい名無しさん 2015/05/22 02:21
かんながら たまちはえはせ
じゃないかな。