引用元: 「∧∧∧山にまつわる怖い話Part11∧∧∧」より
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090772011/
533: 実本(仮名) ID:ycBU30bH
小さい頃、コンタっていう犬を飼っていた。
コンタは人なつっこい犬だったけど、小学5年の夏に交通事故で死んだ。
親父と泣く泣く山に登って、クヌギの木の下に埋めた。

やがて、大人になった俺は山仕事をするようになった。

ある年、山にヒノキを植えることになり、地拵えのために火を入れた。
風向きを見ながら火を放ち、燃え広がらないように消火して回る。

途中、一箇所だけ焼け残っている場所があるのに気付いた。
大きなクヌギの切り株周辺。
ちょうど、コンタを埋めた場所だった。

よく見ると、切り株から新芽が生えている。
『これはコンタの生まれ変わりだ』
そう思った。
だから、周囲にはヒノキを植えずにクヌギが育つままにしておいた。

10年たった今ではグンと伸びて、山仕事をする俺を見下ろしている。
なんとなく見守られているような気がして、まんざらでもない気分だ。

全然怖くなくてごめん。

511: 本当にあった怖い名無し ID:5v7uoXoX
オバハンにとっては人生の墓場なんだろ。

512: 本当にあった怖い名無し ID:13m3z2x3
>>511
上手い!

しかしここは語り部がわらわら湧いて来ますな

513: 本当にあった怖い名無し ID:DBLs1uB7
>>511
おそらくそういう意味だったんだろうなw
ほんとにそれ以外何も無かったしな。
飯の時に聞いたら、「恐かったかい?」だとさw

514: 本当にあった怖い名無し ID:DBLs1uB7
>>512
俺は新参者だしなw
ここは発表の場で、他では勉強のつもりで書く。

515: 本当にあった怖い名無し ID:cQpaiyIj
>>510
ナイスなおばちゃんだなw

以前ドライブ中に信号で止まった時、なにげなく右側見たら墓地だった。
墓地の隣の建物が墓地側に目隠しの壁を塩ビの波板でつけていた。
窓だけじゃなく屋上にも壁がずらっと並んでてその建物からは絶対
見えないようになっててちょっとやりすぎな感じのしたんだが
信号が変わって走り出したら納得、民宿だったよ。
ちょっと泊まってみたい気がしたな。

516: 本当にあった怖い名無し ID:DBLs1uB7
時々、山の中でも、こりゃお参りも手入れも出来ないだろ
ってほどに、柵や壁で囲われた石塔や墓石ってあるよな。
どんないわく因縁があるのか知れないけど、何もそこまでって。

俺がその昔に見たのは、四角すいの石塔で先が尖ったやつ。
俺の身長なんかよりもずっと高い石の柵がしてあって近寄れない。
でもな、その周りは見れるんだけど、どっから見ても、どこにも
いっさい文字や記号の一つも無いんだよ。
でも、西に向いた地面には、ロウソクを立てる台や供え物の台なんかが
苔むした石で置いてあった。前の立て看板には「見るな」と書かれてた。

522: 本当にあった怖い名無し ID:LNIu46YS
>>516
>前の立て看板には「見るな」と書かれてた
こ、こええ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

534: 本当にあった怖い名無し ID:JrUhmhyb
>>533
ちぇ、いい話じゃないか。
。・゚・(ノд`)・゚・。

540: 本当にあった怖い名無し ID:SCVLvwqo
>>533
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

スレ違いスマン……

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)