引用元: 「【豊川稲荷】ダキニ天について語れ!コン5【辰狐】」より
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1301655910/
640: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2011/06/22(水) 13:08:31.99
九州の祐徳稲荷といえば今ではすっかり神道稲荷となっているけど、
江戸時代までは祐徳院としてダキニさんをお祀りしていたらしいけど、ホント?

641: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2011/06/22(水) 15:26:22.39
>>640
祐徳稲荷は、京都御苑内にある宗像神社の境内社の花山稲荷の分霊なので
ダキニ天ではないはずだよ。
花山稲荷は平安時代前期に伏見稲荷から分霊したことになっている。
もちろん当初からウカノミタマ神が祭神。

642: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2011/06/22(水) 19:28:48.20
>>641
レスthx

そうか、京都御所の花山稲荷から勧請したお稲荷さんなんですね。
明治の神仏分離で仏式行事が廃されたと聞いたので、ここもダキニ天かと思いましたが、
単に仏式の行事も行っていたというだけで、ここは初めからウカノミタマ神なんですね。
あと、祐徳院というのは祐徳稲荷を創建した萬子媛の諡号でしたね。ごっちゃになってました。

有難うございました。

643: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2011/06/22(水) 19:31:52.11
>>641
ちなみに、祐徳稲荷で宇迦御魂神とともに祀られている猿田彦大神と大宮能売大神は、
創建当初から祀られていたのですかね?それとも、伏見稲荷に合わせて後から勧請されたのでしょうか?

645: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:2011/06/23(木) 12:58:31.22
>>643
伏見稲荷は9世紀から稲荷三神になっているで、その分霊も稲荷三神と思う。
ただし祭神名がそのように決まったのは、伏見稲荷に合わせて後からのはず。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)