引用元: 「【マターリ】猫好き雑談17【何でもおk】」より
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/dog/1324397066/
13: わんにゃん@名無しさん 2011/12/21(水) 22:56:29.26 ID:RG0wLU3J
どら猫のどらって何ですか?

14: わんにゃん@名無しさん 2011/12/21(水) 22:58:08.91 ID:C9ZupiWd
>>13
『どら息子』の『どら』ってなんですか?

15: わんにゃん@名無しさん 2011/12/21(水) 23:00:50.10 ID:5aFVg81p
どら焼きのどらと同じ

16: わんにゃん@名無しさん 2011/12/21(水) 23:11:14.55 ID:/riC3UDJ
>ドラ息子やドラ猫などの言葉に使われる「ドラ」は、打楽器の「銅鑼(どら)」
>から来たものです。
>銅鑼は、仏事や船の出帆のときに打って鳴らされますが、この銅鑼を
>「鐘(かね)」になぞらえ、さらにその「鐘」を「金(かね)」になぞらえて、
>「鐘を突く」→「金を尽く」となり、金を使い果たすことにかけたものなのです。

>このことから、「どら息子」は、怠け者のくせに金のかかる遊びの好きな息子
>のことをさし、そして、息子ではない者には、「どら者」という言い方もあるようです。
>また、「どら猫」と言えば、その顔つきや動作がふてぶてしくて、平気でよその
>ものを盗み食いする猫をさすようになりました。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)