引用元: 「誰に言っても信じてもらえない話 第8話」より
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1149093376/
351: 本当にあった怖い名無し 2006/07/18(火) 01:06:50 ID:WpCPsPcX0
2ヶ月ほど前伏見稲荷に行ったとき
本殿参拝後、少し道に迷って石造りの階段と
鳥居が続く道に出ちゃって「なんか変なとこに出ちゃったな~」
とか思って階段を登ってたら、後ろから鈴の音が聞こえてきて
うすーい霧が出てきて、後ろから足音も聞こえてきたし怖くなって
道をそれたところに大きな木があってそれに隠れて
通り過ぎるのをじっと待ってた。
足音はどんどん近づいてくるしこっちは発狂寸前
ちょうど足音が通り過ぎるか過ぎないかでピタット止まったから
こっちもやけになって木から顔を覗かせて見てみたら
狐だよ狐着物着た狐すごいかわいかった
こっち向いて会釈したからこっちも返したら石段登って行った
しばらくボーとしてから石段登ったらもう居なかった

後で神社の人に聞いたら
「いい物見たね~、滅多見れるものじゃないよ」
って言われた
これが世に言う狐の嫁入りだったのか・・・・・
しっぽ触ってみたかった

355: 本当にあった怖い名無し 2006/07/18(火) 08:19:05 ID:BilElwuH0
>>351
狐って着物を着るんか
嫁入りって事は女物の着物を着てたのか・・・
しっぽが出る穴があるのか・・その着物には・・ふ~ん
変なところに関心する俺だった・・・orz

357: 本当にあった怖い名無し 2006/07/18(火) 13:24:29 ID:NWMR7Xkc0
>>351
触ってみたかったしっぽ、ふさふさしていたのか?
もふもふしてみたい気持ちは解るが、そこの狐って神様じゃ…w

でもまあ、祟られなくて良かったね。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)