引用元: 「◇ 心霊ちょっといい話 ver.3 ◇」より
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1002357757/
508: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/05 20:27
先日祖父が亡くなったときのはなしです。

家から葬儀屋が棺桶を霊柩車で出発するときにクラクションと共に玄関先で茶碗を落として割るという儀式があります。
落とした茶碗が見事に真っ二つでした。

落とした本人(娘)は特に意識したわけでもないと思いますが、こういう事ってあるんですね。
意識して出来ることでもありませんし。

祖父の意志を感じたような、なんとなく嬉しくも感じました。

509: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/06 07:49
そういう儀式は私ははじめて聞きますが
どういう意味があるのでしょう?

510: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/06 07:52
>>509
ウチでもやったよ。
茶碗を割るのは「帰ってこないように」ということだっていう風に
葬儀社の人に説明してもらった。
あ、でもクラクションは鳴らさなかった。

511: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/06 13:14
>>510
てことは真っ二つに割れたのは
「思い残すことは無い、心配するな」という意志の現れってことか。

1: なごみたい名無しさん 2015/11/30 21:49
湯呑みとか茶碗は、心の名残りがかなり残ってしまうものだから残さずに無くしてしまった方がいいよえな事を聞いた事があるんだが…

2: なごみたい名無しさん 2017/06/13 08:36
あれ、霊柩車のクラクション鳴らすのが普通だと思ってたけど違うんだね。
長く「ファーーーーン」って。
火葬場への出発を亡くなった方にも知らせる為らしい。
茶碗は割る家と割らない家があった。
うちはしなかったような?