引用元: 「ほんのりと怖い話スレ その113」より
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1447451557/
105: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:28:12.97 ID:b5BQsbof0.net
金曜日に忘年会だったんだが帰り道で
変なものを見た、
最寄りの駅で降りて家まで歩いたら急に
もやがかかって20メートルくらいしか先が見えなくなった、
まぁ家までは歩いて10分くらいだからちょっとびびりつつ歩いてたら
前から何かくる、人かげっぽいけど一人じゃない、それどころか
何人もいる。
近くなって姿が見えてきたら和装の花嫁だった、白無垢
をきて頭もきっちり結って角かくしをかぶってる、

107: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 00:40:45.49 ID:b5BQsbof0.net
花嫁を中心に黒い袴をきた男が左右に2人いて
花嫁の後ろには巫女っぽい服の女が2人左右の
裾をもって歩いてた。
その後ろから付いてくる形で10人くらいのひとが
なんか下を向きながら歩いてた、服装も年齢も
バラバラでスーツのおじさんから女子高生、
和服のおばさんと様々だった、
俺は何で今?と思いつつもとりあえず避けて一団が過ぎるのを見てた。
みな一言も話さずに静かだった、聞こえるのは布の擦れる
スッスッという音だけだった、
一団は俺の前を通って少し行ったとこでしらない家の
前に止まり門の方を全員が向き、深々と頭を下げた。
そして1人ずつ門から入り、玄関から家の中に全員が入っていった。
しばらくぼーっとしてたが気がついたらもやも晴れてたので家に帰って風呂に入って寝た。
そして今日の夕方にまたそこを通ったら花嫁一行が入った家で
お通夜をやってていま死ぬほどびびってる。
眠れん

109: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 01:20:33.05 ID:5WscTFN5O.net
>>107
なかなか興味深い話だ
例えば、亡くなったのがご老人で、若くして亡くした花嫁(妻)と
鬼籍の親戚方がお迎えに来たのだとしたら……

113: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 08:57:01.76 ID:KIHOauUs0.net
107です
最後書き忘れました
あれはなんだったんだろう

114: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 09:48:36.22 ID:yaZXeGXh0.net
>>113
忘年会早くね?

115: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:10:29.41 ID:pa0CoqTL0.net
早い所はもうやっちゃうね

116: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:35:49.15 ID:b5BQsbof0.net
>>113
誰だお前は

117: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 10:36:59.87 ID:b5BQsbof0.net
まさか俺のニセがくるとは
おまえがほんのりだわ

118: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 11:30:54.60 ID:Rc4tYp7B0.net
ちなみに亡くなったのは98歳のおばあちゃん。

130: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 07:00:50.94 ID:U4sOkchO0.net
>>105
ほんのりどころじゃねぇ、、

131: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 07:51:18.76 ID:ZpZ8Z4Rv0.net
>>118
だとしたらそのお婆ちゃんがお嫁入りした記憶の再生だったのかもね。
なんて考えるとほんのりいい話だ。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
1: なごみたい名無しさん 2020/06/14 18:22
寒い冬の夜じゃなくて霧も出てなかったけど、同じような経験をもんのすごくきれいな澄んだ鈴?の音「だけ」で経験したことあるよ。いや、実は怖くて窓の外覗けなかったから、音だけかどうか分からんのだけど。
夏の夜で、ほとんど風も無かった。一キロ以上遠くからずーっと道なりに移動してくるのが何故か分かったよ。一度大きなお寺の門の前で止まって通る道筋変えて、どうも古くからある道を選んで移動してきて、うちのすぐ前を通過していった。絶対人間の足じゃ無理なスピードで移動してたけど、鈴の音以外、なんにも聞こえなかった。
本当にすごくきれいな音だったけど、怖くて動けなかった。子供挟んで並んで横になってた家族と、ひそひそ今どの辺にいるとか答え合わせするのが精いっぱい。
その頃住んでた場所が京都に近くて、片輪車の話思い出したら恐ろしくて外見られなかったよ。「お前の子を見てやれ」ってやつ。