引用元: 「∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part25∧∧」より
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1141220480/
504: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2006/03/31(金) 18:15:37 ID:mxuIMygD0
先輩の話。

学生時代、他校の者と一緒にキャンプした時のことだ。
テントから出ようとすると、自分の山靴がなぜか二足ある。
訝しく思いながらも、手近の一足を引きよせ履いてみた。

湿った泥に足を突っ込んだような、奇妙な感覚。
突然痛みが襲ってきた。爪先を齧られているかのような激痛だ。
のた打ち回る先輩の様に皆が慌て、とりあえず押さえ込んで靴を脱がせた。
分厚い靴下に血が滲んでいる。

それも脱がせてみると、小さな歯型が沢山、足の皮膚に刻まれていた。
薬を付けているうち、肝心の靴のことを思い出す。
探してみたが既にキャンプ場のどこにも、脱がせた筈の靴は見当たらない。

「そういえば、この山にクツムシという虫が出ると聞いたことがある。
 どんな虫かは知らないが、あれがそうだったのかもな」

引率の教師が一人、そんなことを言っていたそうだ。

510: 本当にあった怖い名無し 2006/03/31(金) 22:55:30 ID:BZOe3Ai+O
>>504
たぶん俺が履いたら、あまりの足臭にクツムシも泣いて謝るな。
クツムシにしたら口の中に腐った生ゴミ突っ込まれるようなもんだからな。

511: 本当にあった怖い名無し 2006/03/32(土) 00:05:54 ID:F84/66rT0
山男の一日歩いた靴下を舐めるなよ化け物

その威力のあまり
ウチの登山部は、山小屋に着いたらたとえ身体は洗えなくても
足だけはしっかりと洗っていたぞ(靴擦れのの化膿予防の意味もあっただろうが)

512: 本当にあった怖い名無し 2006/03/32(土) 00:20:47 ID:9OpIPCMoO
遠い昔に、小学生の癖に恐ろしい臭いの足の持ち主の同い年の従兄弟に
不意打ちでその臭いをかがされた。
ふとその臭いを思い出したが衰える事の無い記憶の中の臭いに完敗orz


まさにゴミ臭…おっおえっ

513: ぽたみがん 2006/03/32(土) 00:38:27 ID:+qJFad1+0
>>510-512
人間の中にだって、堆肥の山に放り込んで発酵させたエイの身で、古い便所のアンモニアの臭いと言われるホンオフェ、
発酵したニシンから発するガス圧でカンヅメのカンそのものが変形、腐ったドブドロの臭いと形容されるシュールストレミングを
好んで食べる人がいるんだから…
その程度、クツムシにとっちゃこのうえも無い『珍味』かもしれんぞ(w
だいたい生ゴミの腐ったのって、ほっとくと蟲がよってきて大変なんじゃ(w

524: 本当にあった怖い名無し 2006/03/32(土) 10:25:57 ID:Ws4BD8rz0
>>510
靴の中で突然に鉄砲水が起きたような感触に
慌てて靴を脱ぐと、分厚い登山用靴下はビショビショのゲロまみれ。

525: 本当にあった怖い名無し 2006/03/32(土) 13:11:10 ID:+fOWLyx30
>>510-512
こういう人たちが狭いテントに一緒にいたらどうなるの?

527: 本当にあった怖い名無し 2006/03/32(土) 15:06:50 ID:A4cZro5bO
>>525
「テント内はもはや安住の地ではない。
中は臭気と足からの蒸気がもうもうと立込め、一寸先も見えない。
バルサンに燻された小さな台所のようだ。
それは肺が腐るほどに臭く、窒息して耐えられないので、
クツムシでさえ河へ飛び込み、必死で対岸にたどり着こうとした。
動物はこの地獄から逃げ出す。
どんなに硬い意思でも、いつまでも我慢していられない。
人間だけが耐えるのだ。神よ、なぜ我等を見捨てたもうたのか。」
 
                                     ――ある山男の手記より

528: 本当にあった怖い名無し 2006/03/32(土) 15:59:11 ID:3Ox8vN6VO
>>527笑たw
>>525漏れなら、そのテントの中から飛び出してしまうな。
外に何が居ようと・・・
ぎゃーーー

538: 本当にあった怖い名無し 2006/04/02(日) 23:46:08 ID:0MkOSLlZ0
>>527
ワロタ。素敵な回答ありがとうございます。まるで拷問だ。こあいよ~

>>528
化け物より恐ろしいにおい・・・

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)