引用元: 「∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧」より
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180412998/
701: 本当にあった怖い名無し 2007/08/11(土) 11:17:22 ID:OroJwcf20
四国のきつねは弘法大師が追い出したという昔話があったよな。
「四国と本土の間に橋が架かるまで帰ってくるな!」と言って。


                           ・・・あれ?橋?

702: 本当にあった怖い名無し 2007/08/11(土) 12:21:14 ID:cB1LArvP0
>>701
鉄の橋じゃなかったっけ?
どっちにしても架かってるけどw

703: 本当にあった怖い名無し 2007/08/11(土) 13:11:50 ID:rGldl2Xg0
さすがに弘法大師も、8世紀くらいの常識にとらわれて
本土と四国に橋が掛かるとは思わなかったんだろう
…まぁ、本人が言ったんじゃない伝説の類だろうけど
そういう話をでっち上げられて迷惑だな

704: 本当にあった怖い名無し 2007/08/11(土) 16:31:21 ID:eriH/NqQ0
それで狐は四国を出たんですね?

705: 本当にあった怖い名無し 2007/08/11(土) 16:45:30 ID:GOq/gjcC0
瀬戸大橋には獣道もあるらしいな。

742: 本当にあった怖い名無し 2007/08/13(月) 05:04:37 ID:lyImk8rl0
>>703

そして、これが九尾(九股)の狐の内の一匹の甘言。
白面金毛九尾の狐は、民を欺き人心を惑わす事の天才である。

今の日本は、夏でも白いファンデーションを塗り
髪を金色に染める化け狐ばかりになってしまった。
勿論、股(分かれた尻尾)は90000000000000000000000000000000000000000000本以上である。

752: 本当にあった怖い名無し 2007/08/13(月) 13:23:55 ID:CC70UHEB0
>>742

>白面金毛九尾の狐は、民を欺き人心を惑わす事の天才である。

この筋の見方は意外に重要だ。
軽く流すことはできん。
大きく捉えないと部分些末に振り回されるだけでは終了することになる。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
1: なごみたい名無しさん 2016/07/13 07:25
そりゃ化けるための化粧ですからw
綺麗になる為の化粧は20代まで。
30代はお絵描きで粗を隠し、40代はペンキ塗りでシミを隠し、50代からシワを埋める壁塗りに変わり60代にはベテラン左官工。
先輩女性社員からのお言葉ですw