引用元: 「∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part66∧∧」より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/
533: 本当にあった怖い名無し 2013/01/10(木) 09:19:04.66 ID:j6OqN2mG0
俺の田舎では、30日に餅つきをする。
ついた餅の一部は各人が丸めて、敷地の一角にある祠に供える
敷地の外に面している、石造りの小さな奴ね 
31日~元旦にかけて、俺の田舎では賽の神が歳神を案内して村々を巡る。と言われている
山神と田の神も一緒に巡るらしい
三箇日すぎると、祠に供えた餅は消えている。神様が持って行くんだ
大病を患っている人、大病を患う人の餅は残していくといわれている

実際のところは、獣が持っていくんだろうけどね

534: 本当にあった怖い名無し 2013/01/10(木) 09:31:01.10 ID:j6OqN2mG0
追記

俺の田舎の田の神は、山と里に祠を持っている
秋~春は、山の神の近くの祠に住んでる。田植えの前に、祭りをやって迎えに行く。
春~秋の間、里に来た田の神は賽の神の近くの祠に住む。
秋に豊作の祭りをやった後に、田の神を山の神の元にお送りする

田の神は半年毎に山と里を行ったりきたりするんだけど、
その間空いた祠は山の神と賽の神がそれぞれ守っている

535: 本当にあった怖い名無し 2013/01/10(木) 10:03:25.93 ID:aDgqposvO
>>533 投下乙です。
こういう話は大好き。

536: 本当にあった怖い名無し 2013/01/10(木) 15:25:37.42 ID:NOBfiCp6O
獣も餅を楽しみにしてるのかと思うと何か和むわ

ふと思ったんだが、動物は病気の人間や人じゃ気づかない患部を見つけたりすることもあるらしいから、「大病を患っている人、大病を患う人の餅は残していくといわれている」も獣たちは嗅ぎ分けてるのかもしれない。 by 管理人

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
1: なごみたい名無しさん 2016/08/23 03:26
腹の減った獣に餅を持ち去られたばっかりに、発病に気づかず手遅れに・・・
てな事は無いのだろうか