引用元: 「∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part69∧∧」より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368015729/
352: 本当にあった怖い名無し 2013/06/05(水) 17:21:19.52 ID:aQ9a1V220
こないだイザベラ・バードの「日本奥地紀行」読んだら、
明治以前の日本て虫がものすごいのな。
特に山の中がひどく、「サァーっという雨が降ってくるような音」をたてて
ノミの大群が旅人に迫ってくるんだと。

354: 本当にあった怖い名無し 2013/06/05(水) 23:40:35.46 ID:hxdxb8gi0
ヒェーッ
そんなのどうやって対策すんだよ…

というかノミやら薮蚊やら、昔の人は害虫に対してどう身を守っていたんだろうね

355: 本当にあった怖い名無し 2013/06/06(木) 00:47:37.84 ID:o7OE5Lqw0
たばこを漬けたみずは防虫効果が高いんで袖裾襟元なんかに塗りつけた記事を読んだような…
今は違法とも聞いた気がする

356: 本当にあった怖い名無し 2013/06/06(木) 02:21:11.42 ID:mA4LcWFR0
>>355 チェ・ゲバラは喘息のくせに葉巻を吸っていたが、やはり密林での
防虫効果もあったらしい。

明治の日本を見た外国人は、「日本人の多くが皮膚病にかかっている。
特に赤ん坊がひどい」と報告しているが、白米食によるビタミンB1の不足と、
蚊蚤によるものらしい。乳幼児死亡率のかなりの部分が虫刺されだと
予想される。しかし当時のガイジンは「これは彼らのおぞましい食習慣、
サシミが原因である」とwww

357: 本当にあった怖い名無し 2013/06/06(木) 04:45:36.84 ID:Sv2ZzMvL0
おぞましいかw

358: 本当にあった怖い名無し 2013/06/06(木) 04:59:53.80 ID:QArw/eeG0
>特に山の中がひどく、「サァーっという雨が降ってくるような音」をたてて
ノミの大群が旅人に迫ってくるんだと。

ノミではなくザトウムシやゲジだと恐怖倍増

359: 本当にあった怖い名無し 2013/06/06(木) 05:31:51.53 ID:4uDdEtR00
こうやひじりでヤマビルとかも降ってきてたな

360: 本当にあった怖い名無し 2013/06/06(木) 06:51:25.98 ID:b69MkQ7l0
>>354
染料に使う藍が防虫効果があるんで、藍染の着物を着用する他いろいろ利用してたと聞いた。

375: 本当にあった怖い名無し 2013/06/07(金) 16:05:36.32 ID:LEthpN3mO
>>356
江戸期より以前だと手に負えないライ病患者と酷い皮膚病って、見分けがつかずにライ病扱いされてたとか
で、行き場を失ったそうゆう人たちの中には運良くお寺さんで面倒みてもらったりしてたわけなんだけど、栄養価が高く衛生的な生活を施されてるうちに自然と皮膚病が治っちゃう場合もあるんだって
だから、ライ病を治したってゆうお坊さんの奇跡譚ってのはカラクリ的にそんな感じらしい
もしかするとベンハー(映画)なんかもそうかもね

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
1: なごみたい名無しさん 2016/08/26 12:00
明治による文明開化から
医者、生物学者が文字通り
命を賭けて頑張ったお陰だよ
日本住血吸虫のwikiが
お勧め