引用元: 「因果応報18」より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1334888236/
34: 本当にあった怖い名無し 2012/04/28(土) 23:16:58.16 ID:Jel59dze0
唐突でごめん。
よく「恩師」って言葉を、聞くのだけど、恩師っている?
「先生=恩師」っていう意味で使ってる場合もあるとは思うけど、
見てると、文字通り世話になった先生という意味で使っている場合もかなりある。
自分の場合は、悪い人ではないという意味で普通の良い人も先生にいたけれど、
文字通りの意味の恩師として感謝するような世話になった先生はいない。
ほんとひどっい先生だったなーと思う方が多い。
感謝の心を知らないのかもと思うが、それにしても明らかに妨害したり
給料もらってる分の実務をしないとかもあるので、やっぱり師匠運は悪いと思う。
友人運は普通程度にはあると思う。
これは、目下を軽んじたことなどの因果応報と見るべきなのか(現世ではそんな覚えはないけれど)、
それとも、そのくらい普通のことなんだろうか?
恩師いる? 

35: 本当にあった怖い名無し 2012/04/28(土) 23:55:31.39 ID:8f32OLKUi
>>34
いるよ。
学校でも凄く影響を受けた先生とか
社会に出てからも親身になってくれた上司
とか。
そういう人は私にとって「恩師」

36: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 00:10:24.73 ID:DlxWfPR40
>>35
あぁ、いるもんなんだ。いるのが普通なのかなぁ。
影響を受けたって意味ならいるけど、悪影響だからねぇ。
ちなみに、これはひどい、って先生はいた?
いたとしたら、割合は?


37: 35 2012/04/29(日) 00:35:40.67 ID:5Sw8QXRdi
>>36
どっちもいたよ。
ただ、関わり合いになりたくなかったから自然に避けてた。
こっちが噛み付くのを待ち構えてたの分かってたから全部スルーしてた。
だからそういう人たちは記憶にあんまり残ってない。割合とか言われても分からない。
影響を受けた人たちは(全員じゃないけど)未だに連絡取り合ってるから濃い関係っていうとそうなのかもしれない。

38: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 00:42:47.29 ID:DlxWfPR40
>>37

何度もありがとう。
自分の場合、避けたくても避けられない、大切な局面だったから、
何かは分からないけれど、因果なんでしょうね。
大学の指導教官とか。
指導教官の印鑑がないと、教員試験も受けられなかったけど、押してくれないとか、そういうの。
避けられないことばかり。

ただ、それ以上は、関わらないようにしようとは思ってるけれど、
そういう因果なので、それなりの埋め合わせをするなりしないといけないのかも、とも思う。
過去世はいざしらず、少なくとも、今は親切などはするようにしているつもり。

39: サジタリウスの矢 ◆MavUaQI6Mg 2012/04/29(日) 01:04:48.09 ID:/jLrxWH0O
>>34
まぁ道場の先生かな。女口説くわりに、その気になられたら顔真っ赤にしてスタコラと逃げる人だったが(笑)
バレンタインはチョコだらけだった。

大男で恐ろしく強く、流派の初代管長の直弟子だった人。

こんな人を従えていた初代って、どんな人だろうと思った。






「師匠たる者、自ら能く心身を整えたる如く弟子にも整えさせ、自ら得たるものを獲させ、
全ての学術を正しく説き教え、友達の間にその名の聞こゆるようになし、諸方を
守護すべし」

by釈尊

「人の上に立つという事は、法律云々よりも、してはいけない事だらけになって然るべきだ。」

by初代管長(全国支部長講習会にて)


一応、この辺の教えは守って楽しそうに生きた人だったと思う。

40: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 01:21:01.37 ID:DlxWfPR40
>>39
楽しそうな師匠ですね。
目上の人運は、もう期待してはいないし、何も師表たる者としての立派なことを期待していたわけでもなく
何か特別に世話をして欲しいと思っていたわけでもないけれど、せめて最低限のお仕事はして欲しかった、です。
ふと、周りとみると、恩師がどうの、とか仲良くやってるとか、良く聞くので、聞いてみました。
やはり、明らかに師運に関しては、恵まれてないと感じざるを得ませんでした。
とてもじゃないが、仲良くしたいとは思えません。
因果応報的には、過去の我が姿だと思いますが、とりあえずこれは単なるひがみではなくて、
実際恵まれてないという現状は分かりました。

41: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 01:44:00.19 ID:/jLrxWH0O
>>40
でもまぁ実質、武道のいち道場ってだけなので、教わったのは技の「学び方」かな。

思想的なものはキーワードを頼りに本屋で自分で探し、本を師とした時期もあったよ。

大学院とかの論文云々や印鑑とか社会問題になってるらしいね。

看護師界の「お礼奉公」とか、パワハラの温床となる場所はチラチラ耳にする。

42: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 01:54:43.47 ID:DlxWfPR40
>>41
大学院は、印鑑の必要の無いところへ(とっても少なかった)、
なんとか別のところへ行きましたが、狭い世界ですので、悪口は絶対に言えません。
知らない方には、どんなことがあっても、「先生にはお世話になりました」と言わないと
私の人格が疑われてしまいます。それがまた屈辱的でした。我ながら、嘘もいいところ。
でも、狭い世界なので、何かと触れられるし、触れられるたびに、嘘をついてしまいます。
ホントのこと言っても、良かったのかな?? そうは思えないけど。

院では、パワハラはなかったのですが、ただの労働力として使われるばかりで、たとえば予算の連絡とかはなし。
ですので、自腹を切ったりしてたんです。悪い人ではないのですけどね、連絡もなし、間違う、使いばしりだけはさせる、
でも仕事はしてなかったんです。
書かれた通りの世界ではあったので、書いちゃいました。

43: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 02:19:28.64 ID:/jLrxWH0O
師運というより、そんな業界、って事じゃないの?

あまり前世とか深く気にしなくてもいいような。

学生のレポートをさも自分の論であるかのような調子で学会に発表する“たわけ”もいるとか聞いた事ある(笑)

比べる話しじゃないのは分かってるつもりだけど、そのくらいで済んで良かったんじゃない?

嘘を重ねたと気を落とすんじゃなくて、良い心は将来の“伴侶”のため、或は子供達のために大事にとっとけば良ろしい。

「何事もあなたを汚す事能わず」、です。


今夜は寝ますノシ

44: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 02:30:09.50 ID:VILsWkp8O
>>41

どんな本を読んだんですか?

45: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 02:51:26.42 ID:/jLrxWH0O
>>44
入り口は道場の道場訓。
厨房だった俺ぃらには難解な言葉がいっぱい書かれていて

それを理解しようとしたのがきっかけです。

単語ひとつひとつを拾い、儒教や仏教に由来するものと知ったらそれを本屋で探す。

気に入った著者がいたらその人の本をまた買いにいったり、その本が書かれた当時の時代背景を見てみたり。

寝るつもりだったので全部は書けないごめんw

おやすみなさいノシ

46: 本当にあった怖い名無し 2012/04/29(日) 03:21:50.90 ID:VILsWkp8O
>>45

寝る前にすみません。明日で構いませんのにw
でも、ありがとう。

道場の繋がりが大きいんですねぇ。

おやすみ(^^ノシ

49: サジタリウスの矢 ◆MavUaQI6Mg 2012/04/30(月) 14:36:49.54 ID:magigaA6O
間合いを切る≒距離を置く
転進を意味するもので、距離を置くのは嫌いなものやタメにならないものばかりとは限らない。



トラブルを予見できたなら、逆に「間合いを詰めて」、トラブルの未発のうちに制するやり方もある。

これが「先(せん)」の考え方。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)