引用元: 「不可解な体験、謎な話~enigma~ Part2」より
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1011415660/
576: 雨虎 02/03/31 02:51
親父から聞いた話。
ある夏の日、家の近くにある川原を歩いていたら、向こう岸にでっかいかえるがいた。
あまりにでっかいかえるだったんで、石を投げていじってみた。
すると、そのかえるが「いてっ!」てしゃべったんだと。
でも、親父は「かえるがしゃべるはずがない」と思ってもう一度石を投げてみた。
だが、やはり石をぶつけられたかえるは「いてっ!」としゃべり、
しかも今度は、「何すんだー!」と怒鳴ってきた。
親父はもうびっくりして逃げ帰ったそうな。

で、その日の夕飯のとき。
なんだかねーちゃんが怒っている。
おそるおそるなんで怒っているのかきいてみたら、
「お前、昼間私に石投げただろ。」と言ったそうな。

「暑さにやられてぼけてたのかな…」と親父は言ってました。

578: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/31 03:06
>>576
ねーちゃんの正体はカエルだったんだ

580: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/31 03:15
>>576
話の真偽はともかく、
書き方がうまい!

586: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/31 07:19
>>576
姉ちゃん、カエルの着ぐるみ(リアル系)でも着てたのか?

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)
他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)