このサイトは2ちゃんねるオカルト板の猫スレや犬スレ、稲荷信仰スレをまとめています。なごめる内容をなるべくまとめていくつもりです。

最新記事
カテゴリー
最新コメント
アクセスランキング

山にまつわる怖い・不思議な話

【再掲】 眼下に何処までも広がる田圃。 いつも神様は、俺達の暮らしを影でそっと助けてくれてるのかもしれないなとその時、ふっと思った。

神社03

引用元: 「∧∧∧山にまつわる怖い話Part3∧∧∧」より
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053937529/
337: あなるのうしろに名無しさんが・・・ 03/09/28 01:41
休みの日には、よく一人でツーリングに行く。
いつもは街を当てもなくふらつくのだけれど
たまには田舎のほうに行ってみるかってことで
俺はどんどん山の中に分け入っていった。

どれくらい走っただろうか。
青々とした八月の風景がゴーグルに映る。
轟音が真昼の静寂を切り裂く。エンジンの振動が心地よい。

【再掲】 山がわらう

引用元: 「∧∧∧山にまつわる怖い話Part3∧∧∧」より
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053937529/
253: 山がわらう 03/09/06 01:50
親父に聞いた話ですが・・・
当時の親父の趣味は渓流釣りで、
たまたま山中で知り合ったマタギを生業にしていたAさんに教えて頂いたそうです。
Aさんは当時、群馬県の利根川を7日~20日位かけて野宿をしながら鮎やマスなどを、
下流から上流へと釣りのぼり、民宿などへ卸していたそうです。
そんなAさんが何度か経験した怖いお話です。
いつものようにポイントを変える為に山中を歩いていると、
その人の表現”山がわらう”で、静かだった山中が急にザワザワと騒がしくなり、
四方八方から視線を感じる時があるそうです。
そして、そういう時は必ず決まった行動をしたようです。
釣った川魚を腐敗防止の為にさばきながらザックに入れていたそうですが、
さばきに使用するナイフをザックの口部分に刃が真上に向くように固定して、歩き続けたそうです。そうすると不思議と”わらい”が収まったのだそうです。



【再掲】 山を登るときのおまじない

引用元: 「∧∧∧山にまつわる怖い話Part3∧∧∧」より
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053937529/
142: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/30 21:07
1.弁当などの携行食は食べ尽くさない。(小屋や家に戻るまで、形式的にでもひと口は残しておく)
2.用便の際は斜面に向かって(山側を向いて)行う。
3.登山口で山に向かって一礼。山頂に立つとき頂は踏まない。
4.刃物は肌身離さず、寝るときも枕許に。
5.人の真後ろには立たない。真後ろから声をかけない。
6.山に入った後は互いに屋号や通り名で呼び、本名では呼ばない。

【再掲】 1999年に山で遭難してわさびマヨネーズで17日間生き延びた人の話しがあったね

引用元: 「∧∧∧山にまつわる怖い話Part3∧∧∧」より
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053937529/
21: あなたのうしろに名無しさんが・・・
1999年に山で遭難して
わさびマヨネーズで17日間生き延びた人の話しがあったね

【再掲】 うちのオバアチャンが昔丹沢地方で、まるでラフカディオ・ハーンのお話のような実体験をしました。

引用元: 「【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】」より
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/
780: 底名無し沼さん
うちのオバアチャンが昔丹沢地方で、まるでラフカディオ・ハーンのお話のような
実体験をしました。

夜に藪の中で迷っていたそうです。そのうち、自分がぐるぐると同じところを
まわっているのに気がつきました。
きつねかたぬきか、と思って歩いていたところ、夜鳴き蕎麦屋の屋台が
見えたそうです。何でなにもない山奥でと、思いながらも近づいていくと、
その蕎麦屋のオヤジが頭を上げて、オバアチャンのほうを見たそうです。
そうです、そのオヤジはのっぺらぼうだったのです。
その時に、自分の髪の毛が、恐怖で全部、ゾワーッと、逆立ったそうです。
オバアチャンはその後どうやって家に辿りつたか、覚えてないそうです。

よくある物の怪話ですが、実際にあるのですね。
村の衆に狐にでも化かされたのだろうと、言われたそうです。

【再掲】 別スレで読んだのですが、埼玉の八丁トンネルって、出るのですか?

引用元: 「【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】」より
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/
701: ハイ、先生!
別スレで読んだのですが、埼玉の八丁トンネルって、出るのですか?

702: 底名無し沼さん
>>701
出ねえよ。

【再掲】 ちょっとお尋ねしますが、日本で聖山って存在するのですか?

引用元: 「【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】」より
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/
692: 底名無し沼さん
ちょっとお尋ねしますが、日本で聖山って存在するのですか?

地元の人さえ近づかない山って・・・

どこで聞いて良いかも分からず、ここに書き込んでみました。

【再掲】 【死んだふりの準備を!!】 朝刊配達のバイトをしていて山沿いの家に新聞を置いて、車に戻ったら 車の前に黒い犬みたいな動物がいた。

引用元: 「【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】」より
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/
554: 底名無し沼さん
先日、同じ職場の人が体験した話ですが、

その人は朝刊配達のバイトをしていて(会社公認)
毎朝、出勤の前に配達をしてから来るんです。

で、山沿いの家に新聞を置いて、車に戻ったら
車の前に黒い犬みたいな動物がいたんだそうです。

ライトを点けてみるとなんと仔熊。
スッゴイィィ嫌な予感がして山側の竹やぶに目を移すと
当然のようにガンとばしてる母熊がいたそうです・・。


どうも竹の子を食べに来てたみたい。
近所の人達は毎日熊が来てるのは知ってたみたいですが
竹の子以外にたいした被害はないので「触らぬ神に祟りなし」
を決め込んでいます。

なんだかな~。

【再掲】 道の真ん中を犬の様な狸の様なヤツがウロウロしていたのよ。で、ゆっくり近づいて行くとそれが・・・

引用元: 「【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】」より
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/
537: 底名無し沼さん
ある峠を車で越えた時の事なんだが・・

道の真ん中を犬の様な狸の様なヤツがウロウロしていたのよ。
で、ゆっくり近づいて行くとそれがウリ坊だった。

俺の車に驚いてパニックになってるみたいで
いつまでも道をウロウロしてる。

で、捕まえてみようかな~なんて考えた時に
後ろから異様な気配を感じてミラーに目をやると・・

怒り狂った親がスゴイ勢いで突進してきてた!

【再掲】 「女神様が最近、人が山に入らないので寂しくなってお前を呼んだのだろう」

引用元: 「【恐怖】山にまつわる怖い話 巻の二【戦慄】」より
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/
422: コピペ
怖くないですが不思議な話

366 :山での話 :03/04/11 06:18
今の年代の人に、狩りをした事のある人は少ないでしょう。
昔、私は祖父に連れられて、狸を捕る為に数度、山にトラバサミを仕掛けに行った事があります。
山にも色々な約束事があります。うろ覚えですが、女山でしたので立ちションベンは、女神様に見える様に頂を向いてする事
(性器を見えないように隠すと女神様が怒って、山に遭難します)とか、お弁当は半分食べたら残りは家まで持って帰る事とか、
狸の後足は、1本は女神様に御供えする事とか、他にも細かな注意が沢山あったはずでした。

ある夏休みの日、祖父の家に遊びに来ていた私は、川に泳ぎに行こうとして、気が付くと何故か山の中に居ました。
昼御飯前に出たはずなのに、あたりは真っ暗で、訳が判らず泣いてしまいました。どのくらい泣いていたでしょう?
辺りがスゥ~っと明るくなって、顔を上げると、目の前に青い光が浮いていました。
その光は優し、暖かくて、何故か彼女が助けてくれるのだと解りました。そして、漂い始めた光に付いて行き、山の麓に下りました。
山の麓には幾つもの懐中電灯の光が集まっていました。その中に祖父の姿を見つけ、「おじいちゃん」と声を掛けると、祖父は飛んで来て私を抱きしめました。
そしてすごい剣幕で怒り始めたのです。私が帰ってきたのは、家を出た翌日の夜でした。その時です。私は変な事に気が付きました。
私はたった今山の麓に降り立ちました。ですが、周りを見回すと、そこは山から1キロ程離れた祖父の家の前だったのです。
青い光は何時の間にか消えていました。
その事祖父に話すと、祖父は宴会をすると言って近所の男の人達だけでご馳走を持って、山の祠の前で宴会をしました。
僕や、従兄弟達、近所の男の子達も付いていきましたが、皆お酒を飲み、歌って楽器を奏で、踊って、大騒ぎでした。
後で聞いたのですが、「女神様が最近、人が山に入らないので寂しくなってお前を呼んだのだろう」と祖父達は言いました。
その後、他にも一晩だけ、山へ消えた男子が出た事から、毎年夏祭りの後には山の祠で宴会をする様になったそうです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

用語集
うなんな
この言葉を猫に対して口にすると駆け寄って甘えてきたり、ドン引きしたりその効果はパルプンテである。
また、猫も口にすることがある。この場合は猫はデレていると思ってもいいんジャマイカ?
NNN
1.ねこねこネットワーク(ぬこぬこネットワーク)
詳しくはこちら
 (〓 ねこメモ 〓さん)
2.野良ねこネットワーク
野良ねこたちによって構成されるネットワーク。
飼い猫が脱走した時、野良に報酬を提示して連れてきてほしいと頼むと低くない確率で見つけ出して連れてきてくれる。
見つけてきてくれた時の御礼はちゃんとしましょう。
ぬたんぽ
猫のこと(ぬこゆたんぽ)
にたんぽ
人のこと(にんげんゆたんぽ)
虹の橋
天国のほんの少し前にあるところ
あとは察してくだしあ。
毛皮を着替える
愛猫が亡くなった後、愛猫の生まれ変わりと思うくらいの反応を示す猫がいませんでしたか?
生まれ変わったんじゃなくて、毛皮を着替えたというらしいですよ?
しっぽが増える
猫又になる=長生きすること
マーオ
猫の威嚇合戦でよく出てくる
 交互にやりとりしていくにつれてどんどん伸びる&後部が高音になっていく
 詳しくはこちら
クケケケケ
獲物を発見したけど襲い掛かれなくてもどかしい気持ちになってる現象
元気玉
ペットの健康状態が悪いのを心配する飼い主のレスに対して送られるお祈りみたいなもの。
オカルト板のヌクモリティだと管理人は思うわけで・・・
猫蝕
寝っころがって新聞を読む
→猫が広げた新聞の上に座る
→目の前で横たわる
→読める面積が狭まっていく
→猫目覚める
→お利口座りをして伸びをする
→どこかに去る
アンテナRSS

アクセスランキングブログパーツ