引用元: 「幽霊は本当にいるのか4」より
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1173488380/
613: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 02:33:24 ID:Gz7S8X0h0
人体ラジオの話って知ってる? 上下の歯に2種類の金属のかぶせ物や詰め物をしてた場合、まれにラジオを受信することがあるんだって。

「なんか声が聞こえる…」「…?…ここにいる5人のうち4人が聞こえないんじゃ幻聴だな」で普通なら終わり。
でもそうだろうか。その人の脳内で起こっている現象には違いないが、原因が脳内にあるか脳外にあるかは別の話だ。
この人体ラジオの話の場合も原因は脳外にある。幽霊体験の場合もそうとはいえないだろうか。

616: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 07:15:28 ID:sz+7lG0uO
>>613
下らない話だが、本当だ、それは。
と言うか、オレは耳鳴りと共に、ごく稀にラジオ電波を聞くことがある。

Jウエィブのジョンカビラの声が聞こえた時は笑ってしまったが、
すぐにラジオつけたら内容が一致したので、さすがにびっくりw

まぁ、でも幻聴がたまたま事実と一致したので、受信したと解釈&
面白い「ネタ」として認識してる。
そして、この現象を即、幽霊の存在に敷衍させるという、短絡な
思考は持ち合わせていない。

ラジオは電波だし、脳の中の作業は電子のやり取りだ。物理の範疇。
何かしら相互に関連して、音像が人に認識されたとしても驚きはしない。

所謂スポットは、磁場が変であったりする事が多いと聞く。
整流されていない磁場だから、人によって様々な映像や音像を結ぶ
場合があるのだろう。人体ラジオの原理で。

ならば、物理や脳医学とかの範疇だ。
そして、脳内での作業なので、幽霊の「実在」というのは、
限り無く否定される。


最後に…
オレは奥歯に、時代の違った(組成が違うと思われる)詰め物をしている。

617: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 08:54:02 ID:RjXq//NB0
「人体ラジオ」おもしろいw
電波を人体で受信できるなんて!ほんと?

くわしくしりたいです^^

発信元との波長が同調した場合・・・なんて妄想が広がるw

619: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 10:13:24 ID:KWWn/ua/0
ゲルマニウムのラジオを同じような原理なのかな?

620: 自夜 2007/03/23(金) 10:43:28 ID:DScqYr3f0
AM電磁波やモールス信号系のパルス電磁波は比較的簡単に弾性波に変換可能ですよ
AM電磁波は振幅の強弱として音声信号等を変調させたものですが、この電波による
電磁誘導は簡単に起こります。ただこれだけでは単にAM電磁波が磁力の強弱に置き
換わっただけでなんのことはありませんが、そういう電磁誘導が隣接した二カ所で
発生するとお互い同極のあるいは反極の電磁石となりますから、もとの電磁波の強弱
に併せて振動します。この振動が伝わる物が弾性波で、空気中を伝われば通常の音波
になります(もともとの周波数に対応する波も発生しますが、これは超音波成分に
なりますから聞こえません)

この振動は微弱な物ですから通常のラジオでは聞こえるレベルまで増幅しますが、
この為に電源が必要となります

人体ラジオの起振メカニズム自体は単純ですが、面白いのは例えば入歯などが
起振源になる場合、増幅しなくても聞こえるレベルであるということです
ただ、これは近くの音はよく聞こえる(顎骨などを媒体とした場合に外部放出
が少ない=相当距離が短い)ということに他なりません

621: 自夜 2007/03/23(金) 10:52:23 ID:DScqYr3f0
>>616さん
特定の人にしか聞こえない音の原因として外部の電磁波がその原因であるという
ことは人体ラジオのメカニズムでうまく説明できると思います
あなたの書き込みでは、その外部の電磁波の発生源として放送局もしくは俗にス
ポットと言われる場所の磁場異常の可能性が指摘さていると思います
その可能性は否定しません
ですが、磁場異常の原因については言及されていませんし、電磁波以外の外部要因
で特定の人にしか聞こえない場合の可能性のなさについても言及されていません
従って、「幽霊の「実在」というのは、限り無く否定される」というのはいささか
早計ではないかと思うのですが、どうでしょう?

622: ((◇・艸・◎)♪゚;⌒☆ ◆Az.96yyyy. 2007/03/23(金) 10:56:59 ID:WlfpSpra0
おう、ラジオぢゃねえ、「ラヂヲ」だ
物事は正確に発音しろや

623: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 11:00:56 ID:EM5MZTOV0
日本語ならラジオであってるだろw

625: 自夜 2007/03/23(金) 11:09:58 ID:DScqYr3f0
>>619さん
ゲルマニウムラジオというのは、検波回路にゲルマニウムダイオードを用いたラジオ
のことで、シリコンダイオードに比べ、順電圧が小さいので微弱な電圧でも検波できる
という特徴がありますが、安定したゲルマニウムダイオードが開発されたころには
トランジスタが出現したため、ほとんど普及しなかったものです

人体ラジオと比するものとして、鉱石ラジオと勘違いされていませんか?
鉱石ラジオはある種の鉱物の結晶に金属線を接触させると整流効果があることを
利用して、検波回路に鉱石を用いたもので、増幅回路がなくてもかすかに聞こえる
程度の音が出ますので、工作キットとして今でも人気があるようです

人体ラジオの場合は入れ歯などの場合、整流効果はありませんので、原理は異なる
と言えるでしょう

627: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 11:17:06 ID:bOXMNhid0
ゲルマニュウムラジオかー。懐かしいな。
あれってゲルマニュウムダイオードにイヤホンコードを
結線するだけの最小構成でも音が聞こえるんだよなー。(´Д`)ナツカシス

628: 自夜 2007/03/23(金) 11:25:54 ID:DScqYr3f0
>>627さん
ゲルマニウムダイオード、定番は1N60でしょうかね
一個20円くらいのものですが、とにかく扱っている店が少ないです
もう製造していなくて、在庫の切り売りのような感じの売り方なんで、
今のうちに買っておいて、金庫にしまっておいた方がいいかもしれませんね

630: 本当にあった怖い名無し 2007/03/23(金) 11:56:39 ID:KWWn/ua/0
ゲルマニウムラジオとは違う原理なのか、勉強になりました。

でも、電波を受信する事を幽霊に結びつけるのは無理がありますね。
死者がどうやって放送局を開設できるのか?長期間の電波発信を維持できるのか?等
トンデモ理論を持ち出さないと実現できそうに無い課題が多そうです。

それよりは幽霊の声を聞いた、物音がした、という報告例の中にこれらを要因とする
勘違いが含まれていると考えた方が理にかなっていると思われますね。

632: 自夜 2007/03/23(金) 12:18:28 ID:DScqYr3f0
>>630さん
幻覚や幻聴として片付けたがる人達に対してちゃんとした物理現象で特定の人に
しか聞こえない音があるということを示す意味で人体ラジオの例を出すのはいいと
おもいますが、そうだからといって幽霊がAM電磁波を出せるかというところに持って
いく必要はないでしょう
むしろあり得る現象、たとえば、幽霊がどういう構成なのかはさておいて、幽霊が
帯電している、あるいは幽霊内部で空間の電位差があるとすれば、幽霊が移動する
あるいは人間の方が移動することで何らかの電磁誘導がおきてそれが音として認識される
といったような方向で検討すればいいんじゃないかと思います

幽霊がラジオ局開設でも悪いことはないんですがね。ラジオおたくの幽霊もいるかもしれませんし

さて、「勘違いが含まれている」。これは確かにそうです。むしろ、世に言う心霊体験の殆どが
意図的に事実を曲げたものでないにしろ錯誤とか誤認識とかがほとんどではないかと私は思って
います
そうであったにしても、それは本物の心霊体験というのは思ったよりずっと少ないぞ、ひょっと
したらないかもしれない、というものであって、全部が幽霊起因ではないと断定はできないでしょう

まぁ、幽霊はいないかもしれない、ということも言えますが、
幽霊はほんの少ししかいないかもしれない
幽霊はいっぱいいるかもしれないが、人に関わる暇な幽霊はほんの少ししかいないかもしれない
ということも言えるんじゃないでしょうかね

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)