引用元: 「幽霊は本当にいるのか5」より
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175016051/
440: 本当にあった怖い名無し 2007/04/07(土) 01:57:26 ID:7X4Qu+xsO
そういや、最近心霊写真見なくなったね
ここ数年でかなり激減したのは、やっぱりデジカメの普及が原因なんかね

441: 418 2007/04/07(土) 09:12:44 ID:sTZC3KKL0
>>440
そのデジカメで撮れない(撮りにくい)という理由が可視光透過バンド
パスフィルターの特性と関係してるのかなと思ったんですよ。

あ、自分は過去に霊的と思える体験をしたことがありますが幻覚・幻聴の
類か本当にそうなのかわからないので確実にいると断言できる自信はありません。
いて欲しいとは思います。ただそうなら何らかの形で証明できないだろうか、
と考えているわけです。

443: 本当にあった怖い名無し 2007/04/07(土) 09:29:01 ID:QPnR4vkA0
>>441
> 可視光透過バンド
> パスフィルターの特性
意味知らない。くわしく

445: 418 2007/04/07(土) 09:57:38 ID:sTZC3KKL0
>>443
可視光とは人間の目に見える光、波長380~780nmくらいの帯域です。これより
波長が短いと紫外線、長いと赤外線と呼んで人間には一般に光として認識でき
ない(眼に見えない)と言われてます。光が見えなければその光が反射すること
によって色として認識することもできません。しかし昆虫など他の生物は紫外線
などを見ることができます。

デジカメにはCCD撮像素子という部分で大雑把に言えばとらえた光を電気信号に
変換しますがCCDそのものは紫外・赤外領域までとらえる能力があります。しかし
CCDの特性そのままに写真を撮ると人の見た目と違った印象に仕上がるため可視光
のみを透すバンドパスフィルターを素子の前につけてます。

しかしフィルターの特性上、スパッとここから上(下)の帯域は透さないというわけに
いかず一部の紫外線・赤外線は透過します。試しにデジカメに紫外線(または赤外線)
透過フィルターをつけて可視光を遮断しても撮れます。

このフィルター及びCCDの特性は各メーカー社外秘のようで規格は異なります。
手持ちのソニーとリコーに紫外線透過フィルターをつけたらリコーは紫外線写真が
とれましたがソニーはいまいちで赤外領域の感度が逆に高かったです。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)