引用元: 「後味の悪い話 その90」より
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216808657/
952: 本当にあった怖い名無し 2008/08/12(火) 14:29:26 ID:snROvSfmO
ある日、空から大量の宇宙船がやってきた。
地球をお隣さんと呼ぶタコに似た宇宙人は、有効の証として、進んだ科学技術を惜しげもなく提供した。また、難病の治療や食料の寄付なども行い、世界中の人に感謝された。
彼らを不満に思うテロ集団もいたが、攻撃されても大いなる愛ですべてを許す彼らの姿に感動し、武器を置いた。
それから一年。宇宙人に感謝すべく、盛大なパーティーが催されることになった。
だが、パーティーに出席した宇宙人は今まで見たこともない形相で怒りを露わにした。

「ありがとう、火星のみなさん」と書かれた垂れ幕を指差し彼らは叫んだ。

「我々は金星人だ!」

953: 本当にあった怖い名無し 2008/08/12(火) 15:14:37 ID:oRRkxu1qO
>>952
面白いな

957: 本当にあった怖い名無し 2008/08/12(火) 17:03:41 ID:4p0zheS20
>>952
「金星」と書いて「まぁず」と読む珍名の子を思い出した

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)