引用元: 「後味の悪い話 その98」より
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1229875549/
875: 本当にあった怖い名無し 2009/01/11(日) 03:37:33 ID:8+G1bfls0
親指姫とか、ラプンツェルとか、洋物のお伽話にありがとだけど、


待ち望んでいた子供(娘)が生まれて可愛がる
     ↓
悪い奴にさらわれる・交換条件などで奪われる、親は嘆き悲しむ
     ↓
娘、不遇な生活をしいられる
     ↓
王子様と出会って、不幸な現状から助け出される
     ↓
二人は末永く幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし


というパターンのやつを見るたびに、
…え? 終わり? 子供がいなくなって泣いてた親の救済は、結局ないまま??
と感じて、なんとなく喉に小骨が残ったままのような落ち着かなさがある。

876: 本当にあった怖い名無し 2009/01/11(日) 03:38:22 ID:8+G1bfls0
×ありがとだけど、
○ありがちだけど、

878: 本当にあった怖い名無し 2009/01/11(日) 04:27:49 ID:obC3UdovO
>>875
ラプンツェルは母親が梨を欲しがって、父親が梨と娘を交換したんじゃなかったっけ
その場合、ラストで「両親も幸せに暮らしました」ってなったほうが後味悪いと思う

現代版アリとキリギリスは最後にキリギリスが
アリに助けてもらうのが主流って知って後味悪い

879: 本当にあった怖い名無し 2009/01/11(日) 04:42:26 ID:MmcwoFtzO
>>878
ラプンツェルの母親が欲しがったのは菜っ葉じゃなかったっけ?

880: 本当にあった怖い名無し 2009/01/11(日) 05:21:33 ID:fuoPibmW0
ラプンツェルはノヂシャの事でで妊婦さんが食うといいとされてる野菜、らしい。
この話も後味がいいんだか悪いんだか分からないけど

子供がなかなか授からなかった夫婦に子供が出来る。
妊娠中に嫁さんが隣の魔女の家の畑の野菜を欲しがる。
夫が盗みに行く。
魔女に見つかって生まれてくる子供と引き換えに菜っ葉を分ける。
生まれてきた娘は塔に閉じ込められて育つ。
そこに王子登場。夜這いする。
妊娠した娘に魔女激怒、娘を塔から追い出し王子の目を潰す。
娘は双子を生んで荒地で子育てしながら生活する。
そこに乞食みたいな王子がまた登場。
娘が駆け寄って涙を王子の目に落とすと王子の視力復活。
王子の国にみんなで帰ってめでたし、なわけなんだが

なんだか登場人物全員に言いようのみつからない落ち着かなさを自分も感じる。

882: 本当にあった怖い名無し 2009/01/11(日) 05:36:18 ID:8+G1bfls0
>>878
題名と娘の名前のとおり、母親が欲しがったのはラプンツェル(野萵苣(ノヂシャ))。
妊婦の滋養にいいとされる菜っ葉。

母親がしきりに欲しい欲しいと言い出したのは妊娠中で(つわりによる偏食?)、
かなりまいって具合が悪くなってきていて
このままではそもそも母子ともに無事で子供が生まれるかどうかも危うく、
交換条件に応じざるを得ないような切羽詰った状況だったはず。
遊び呆けて冬越しできなくなったキリギリスと一緒にするのは、ちょっと酷だと思う。

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)