引用元: 「同人者、ぬこの居る日々 6」より
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1251478230/
990: スペースNo.な-74 2009/11/22(日) 21:28:08
猫なんて嫌いだと常々公言してた実家の父ちゃん

しかし、最近の父ちゃんの携帯の待受は実家の猫1号で
何かのパスワードに猫2号3号の名前を使用してることが
母ちゃんからの電話で判明した

年末に帰った時に何て言おうかなあww

991: スペースNo.な-74 2009/11/22(日) 22:14:14
父ちゃん「あいつらは猫じゃねえ!俺の家族だ!」

992: スペースNo.な-74 2009/11/22(日) 22:37:49
>>990-991
なにその萌えキャラな父ちゃんw

ぬこ様も父ちゃんも可愛すぐる

995: スペースNo.な-74 2009/11/23(月) 00:59:31
うちの父ちゃんも大概だぞ。

飼いはじめて間もなくは「俺が定年したら犬飼うつもりだったのに…」
と、普段仕事でいない自分に懐かぬぬこに大した愛着もないようだったが、
定年して家にいるようになってからは近所に響き渡る声で
ぬこを呼ぶようになった。まさにネコナデ声…。

寝る前にはこっそり寝室のドアをあけてぬこが忍び込んでくるのを
待っている。もういい時間なのにぬこが入ってくるまで眠らず、
入ってくるといそいそとドアをしめて(軟禁)、30分ほどぬこに遊んでもらって
(ぬこが)満足したらお見送りし、そして改めて寝ている。

ぬこは私がお迎えした子なので当然私に一番べったりで、
私が居間から出て行くと後をついてくるし、外出してるとお迎えするし、呼べば
必ず来る。
そんな私をじっとり嫉妬丸出しの目で睨む父がうっとうしい今日この頃ですww

他のサイトのお勧め記事(アンテナに飛びます)